注文住宅は建物が完成するまで大変な部分が多い

新築の一戸建てを購入する時に土地と建物を一緒に購入する建売住宅にする人が多いですが、ライフスタイルに合わせた家を建てたいという気持ちが強かったので自分の要望を取り入れる事が出来る注文住宅にする事にしました。家を建てると決め、それで土地を購入した後にハウスメーカーと協力しながら建物を建てていきました。実際に建物が完成した時に外観が建売住宅よりオシャレな感じで良かったのですが、実際に入居してみるとあまり満足度は高くありませんでした。

 

 

 

注文住宅は建売住宅に比べて費用が高くなる事は想定内でしたが、予算がオーバーしてしまい建築費用を抑えていかなければいけませんでした。それによりこだわりたい部分をこだわれなくなってしまったのでライフスタイルに合わせられない部分も出てきてしまいました。注文住宅を建てた後に感じたのはまず費用が予想以上に高くなってしまいライフスタイルに合わせた家を建てるのはなかなか難しいという点です。

 

 

 

注文住宅は土地を購入した後にハウスメーカーと協力しながら建物を建設していきますが、その時にハウスメーカーといろいろ話し合う事が多くなりました。その時にハウスメーカーの人が不動産の専門用語を使ってくる事も多くて自分が理解する事が出来ない場面もよくありました。それで話し合いが上手くいかない事もあったので不動産の知識をある程度知っておかなければいけないと思いました。ハウスメーカーと協力して建物を建てる事になりますが、ある程度任せる事が出来ると思ったので大きな間違えだと分かりました。注文住宅を建てる時は事前に不動産の知識を勉強してハウスメーカーとスムーズに話し合う事が出来る準備をしておかなければいけないと思いました。

 

 

 

注文住宅はメリットになる点もありますが、いろいろと大変な部分が出てくるので新築を購入する時にあまり手間をかけたくない人は建売住宅にした方がいいと思いました。また金銭面で苦しい人も注文住宅はあまり向いていないと思いました。

 

注文住宅だからこそのコンセントの位置と数は概ね成功!だけど…

注文住宅で一戸建てマイホームを建てましたので、概ね不満はないです。けれども細かいところを上げていったら切りがないかも知れませんね。そのひとつが実はコンセントなんですよね。

 

 

 

注文住宅ということもあり、コンセントの数や位置も自分たちの希望を通してもらえました。ですから建売住宅でマイホームを買うよりもコンセントの数については圧倒的に多いと思います。

 

 

 

すでにマイホームを建てていた友達より、「コンセントは多めにつけておいていいよ!」というアドバイスもいただきましたので、その助言を生かしてコンセントは多めにつけてもらいました。

 

 

 

とはいえ、ちゃんと家具家電の配置を考えて、しかるべき場所にコンセントをつけてもらいましたし、コンセントの数にしてもちゃんと考えていたつもりです。

 

 

 

しかし、「あ、ここちょっとまずかったな」と思われるコンセントの位置もあるのですよね。システムキッチンの背面の壁のコンセントの位置に関しては、腰ぐらいの高さにして正解だったと思っています。

 

 

 

けれどもそれぞれの部屋のコンセントの位置は、すべて床付近の方が良かったかなーと思っていますね。本当に今更ながらのことなのですが。マイホームの設計をしている当時は、「デスクから使いやすいように腰ぐらいの高さのコンセントもあった方がいいよね」と思っていたんですよね。「ランプをつけるにしても、ドライヤーをつけるにしても、ひとつは腰ぐらいの高さのコンセントがあった方がいい」と考えました。家を建てるからには後悔したくない。

 

 

 

ですから子供部屋にしても夫婦の寝室にしても、ひとつは腰ぐらいの高さにコンセントがついているのですが、これが結構目立つんですよね。腰ぐらいの高さにある壁のコンセントって、意外と存在感があって目がいってしまいます。これならば床の付近につけておいて、必要があれば延長コードを使うぐらいの方が良かったかも知れません。

 

 

 

まあ、コンセントの位置にしましては、唯一の救いはマイホームの機能的な面というよりは、インテリア的な失敗だとも言えるでしょうか。注文住宅だからこそ、コンセントの数も位置も自由自在で概ね成功だとは言えるのですが、腰ぐらいの高さのコンセントの位置はちょっと失敗したかなーとも思います。